カテゴリ:


社会問題化する安定剤・睡眠薬

安定剤とか睡眠薬、いわゆるベンゾジアゼピン受容体作動薬/BZ系薬のことが最近なにかと話題になっています。

ざっくりまとめると、けっこう副作用が多くて依存性が強いリスクの高い薬であるにもかかわらず、めちゃくちゃ気軽に処方されているので注意が必要ですよ、という話題です。

先輩の小田陽彦先生(兵庫県立ひょうごこころの医療センター認知症疾患医療センター長)は、BZ系薬の弊害について警鐘を鳴らす急先鋒となってメディアに登場するようになりました。


この記事は、いささかセンセーショナルに不安をあおりすぎなところもありますが、内容は事実であることに間違いありません。

一方で、安定剤や睡眠薬は広く多くのひとに利用されています。年齢とともに使用率はあがっていって、高齢者の10人に1人以上が使用しているのが現状です。
睡眠薬の年齢別使用率
これほどまでに愛用されながら、これほどまでに恐れられている薬物って、いったい人間の脳にどんな影響を与えるのでしょうか。意外と知られていないようなので、まとめてみました。


脳の活動を抑制するGABA

BZ系薬を使用すると、脳内で情報の受け渡しをするGABAという物質の働きを高めます。

GABAといえばサプリメントなどで有名で、その効能はリラックスするだとかストレスを感じにくくするんだとかいろいろ宣伝されています。ちなみに、食品に含まれるGABAは脳へは移行しないのでそのような効果はありません。

BZ系薬は脳へ移行して影響を与えます。脳の活動を抑制することで、不安が少なくなったり、リラックスできるようになったり、筋肉がゆるんでほぐれたり、眠くなったりする作用をもたらします。

さて、その結果、ひとはどのような行動をとるようになるのでしょうか?


BZ系薬の行動薬理学的効果

薬物の作用を行動レベルで分析する行動薬理学的には、ベンゾジアゼピンには抗葛藤効果があるとされています。一般的には抗不安効果とも呼ばれています。葛藤や不安を軽くする効果があるということです。

BZ系薬の効果に関するおもしろい実験があります。図のように、弱いサル(M1)と強いサル(M2)を透明の仕切りを隔てて向かい合わせます。
ベンゾジアゼピンの行動薬理学的効果



弱いサルが手元にあるレバーを押すとエサがもらえますが、同時に強いサルに電気ショックを与えるシステムになっています。なので、弱いサルがレバーを押すと、強いサルはめちゃくちゃ怒って威嚇します。そうすると、透明の仕切りにへだてられいるとはいえ、弱いサルはビビってレバーを押さなくなってしまいます。

つまり、弱いサルはエサが欲しいんだけど、強いサルには怒られたくない、という葛藤/ジレンマにおちいってしまいます。

この状況で、弱いサルにBZ系薬を投与するとどうでしょう?これまであんなにビビっていた弱いサルが、強いサルが威嚇してもおかまいなしにレバーを押すようになって、エサにありつくことができるようになりました。

弱いサルにとってはラッキーですが、強いサルはたまったものではありません。


不安や葛藤がなくなるのは良いこと?

うつ病やパニック症になると、ちょっとしたことで落ち込んだり不安になったりして身動きがとれなくなって、生活の幅がせばまったりすることで、さまざまな不利益をこうむることがあります。

葛藤のなかでものごとを決断するのはとてもエネルギーが必要だからです。どっちにしようかなーという葛藤を抱えながら決断できずに何もできなくなって時間を浪費してしまいます。

そのような局面では、BZ系薬は助けになるかもしれません。しかし、別の局面を考えてみると、ものごとはそう単純じゃないことがわかります。

たとえば、大切な仕事の締め切りが迫っていて、どうしても終わらせないといけないのにも関わらず、目の前に様々な誘惑があってサボってしまいたいという、よくある葛藤。BZ系薬を使用したらどうなるでしょうか?間違いなく誘惑に負けてダラダラしてしまいます。

場合によっては、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。ってゆーか、そもそも大切なときに脳の働きを抑制している場合ではありません。


自殺未遂とBZ系薬の関係

もうひとつ。たとえば、うつ病が悪化して死んでしまいたいと考えている場合。人生に絶望してもう死んでしまいたいんだけど、親に迷惑がかかるからやっぱりやめておこうかな、という葛藤を抱えて迷っているひとがBZ系薬を使用したらどうなるでしょうか?

自殺未遂をして救急外来に搬送されるひとのなかにはBZ系薬を常用しているひとが多い理由がコレだったりします。自殺を決意するまでにはそれぞれ様々な事情があるのでしょうが、BZ系薬やアルコールが「最後のひと押し」になっているケースはとても多かったりします。シラフではなかなか自殺未遂はできませんから。

葛藤を抱えることは、ひとが生きる上でとても大切なことだったりします。なので、安易に葛藤を取り除いてくれる薬剤を使用することは、けっこう恐ろしいことなのです。


やっちゃいけないことをやっちゃうクスリ

BZ系薬の大きな特徴は即効性があることです。不安やうつの薬は他にもありますが、即効性がなかったりします。なので、急場をしのぐためには便利な薬ではあるけれど、ダラダラと常用する薬ではありません。

基本的に、脳の活動を抑制する薬であるということは、頭の働きがにぶくなるクスリでもあるわけです。頭脳を駆使する仕事や勉強に専念しなければならないひとはもちろんのこと、真剣にスポーツをやっているひとは服薬を長期的に継続するべきではありません。また、服薬しながら運転することはとてもリスクが高いわけです。

それに、抗葛藤効果があるということは、とにかく「ま、いっか。」って感じで、やっちゃいけないことをやっちゃうクスリともいえるので、ちょっと注意が必要です。

※ただし、BZ系薬を長期間服用しているひとが急にやめてしまうと、とてもしんどい離脱症状が出ることがあります。減量および中止するにはコツがいりますので、自己判断でやめずに主治医に相談しましょう。